スタッフブログ Staff Blog

レンタルサーバーの応答時間について

私が担当した案件で、さくらインターネット・スタンダードプランを利用しているサイトがありますが、どうもサイト全体が重たい様子なので、原因究明の為、調査をしました。

キャッシュの利用とプラグインの停止

当初はキャッシュを使う予定はなかったのですが、何か変わることを期待して導入しました。Wordpressでよく使われるプラグインではなく、.htaccessによる制御です。

mod_expiresというApatchのモジュールを利用するとできます。ついでにmod_deflateというモジュールで圧縮もかけておきます。またよくある原因としてプラグインが重たい可能性があるので、これも怪しい箇所は全て停止させます。

結果・・・特に変わらず。

Debug Bar でパフォーマンスを測定

体感として間違いなく遅いですが、実際数値として見る為に Debug Bar というプラグインを使ってみました。拡張機能でDebug Bar Extender、Debug Bar Slow Actionsという便利で見やすいプラグインもあるので、それも同じく導入しておきます。

パフォーマンス(通常時)

結果として、数値としてかなり遅いものが出ました。
ACTIONS EXECUTION TIME 処理時間はおよそ3.3秒。
Chromeの開発者ツールなどで確認すると、実際のページ全体の読み込み時間はおよそ倍の5~6秒は平均でかかります。

パフォーマンス(遅延時)

昼頃や夕方などの混む時間は、時より悲惨な数値が出ます。
ACTIONS EXECUTION TIME 処理時間はおよそ12秒。
さすがに遅すぎるのでサーバーに原因がある可能性を疑いました。

別サーバーに同環境を構築して比較

さくらスタンダード以外に、CPIのシェアードプランというテスト環境を用意しました。ここでほぼ同じ環境を用意し検証します。

そのためにまずバックアップを取る必要がありますが、ここでプラグインの1つ「All-in-One WP Migration」をお薦めします。
手順等は調べると分かりますが、簡単操作で環境のバックアップ&復元が可能です。移行時にDBの中身を書き換える方法も前はありましたが、そういう手間も不要で、非常に優秀なプラグインだと感じました。

パフォーマンス(CPIサーバー)

そんなこんなで環境を作って計測したところ、案の定の結果が出ました。
ACTIONS EXECUTION TIME 処理時間はおよそ0.5秒。
ページ遷移やリロードをしても不自然な遅延は起こりません。

サーバーには当たり外れがある、かもしれない

検証結果として、異なるサーバー間で明らかな差がでました。こうして見ると、さくらスタンダードが遅いように感じられますが、一概にはそうとは言えません。

実は他の案件でもさくらスタンダードを使っているものがありますが、それらは全く問題ないのです。今回の案件のみ、なぜか強烈に重いので、苦悩していました。
絶対コレという保証はありませんが、当てられた共用サーバーの運が悪かった可能性は十分考えられます。

月額500円のプランですのでこんなものかなと思いつつも、良いパフォーマンスを発揮したければエックスサーバーなどの方がよいかもしれませんね。

お問い合わせ Contact

制作のご依頼、ご相談などは下記のフォームからご連絡ください。